山口FG、フィンテック共同研究会を設立 新サービス共同研究

山口FGのロゴ

山口FGのロゴ

山口フィナンシャルグループ(山口FG、下関市、TYO:8418)はこのほど、同社が採用している勘定系システム「Chance地銀共同化システム」の参加銀行と、システム開発者の三菱東京UFJ銀行(東京都千代田区)、日本アイ・ビー・エム(東京都中央区)と共に「フィンテック共同研究会」を立ち上げた。

同研究会では、フィンテックを活用した新たな金融サービスの共同実証実験や導入検討、外部専門家を活用した共同研究、各銀行の地元IT企業との連携・活用検討を実施。人工知能(AI)を活用した顧客サービス・営業力向上の実証や、ブロックチェーン・API連携・生体認証を活用した関連サービスの研究も行う。

地銀共同化システムには、山口FG傘下の山口銀行(下関市)、北九州銀行(北九州市小倉北区)、もみじ銀行(広島市中区)の他に、常陽銀行(水戸市、TYO:8333)、百十四銀行(高松市、TYO:8386)、十六銀行(岐阜市、TYO:8356)、南都銀行(奈良市、TYO:8367)が参加している。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事