折尾クロステージの販売好調 3か月で約9割が契約済・申込中

北九州市八幡西区に建設中の分譲マンション「折尾クロステージ」の販売が好調に推移している。今年9月に販売を開始したばかりだが、約3か月が経過した11月28日時点で全116戸中98戸が契約済となり、申込中の3戸を含めると、販売進捗率は9割に迫る。

折尾クロステージと周辺地域の将来イメージ(折尾KK開発共同企業体)

折尾クロステージと周辺地域の将来イメージ(折尾KK開発共同企業体)

同日時点で契約・申込のない住戸は、Bタイプ(3LDK)3戸、Cタイプ(3LDK)3戸、Dタイプ(3LDK)3戸、Eタイプ(4LDK)4戸、Fタイプ(4LDK)1戸、Hタイプ(4LDK)1戸の計15戸。A・G・J・K・L・Mタイプは全て契約済となっている。

階層別では、3階から12階までと最上階19階が全て契約済、13階が6戸契約済・1戸販売中、14階が6戸契約済・1戸申込中・1戸販売中、15階が3戸契約済・4戸販売中、16階が1戸契約済・1戸申込中・5戸販売中、17階が3戸契約済・4戸販売中、18階が6戸契約済・1戸申込中。

折尾クロステージは、「折尾警察署跡地開発事業」の一環としてJR折尾駅前に建設中。建物は鉄筋コンクリート造19階建、延床面積1万6246.08平米。低層階のテナントゾーンは1階6区画、2階1区画の計7区画・1966.25平米で、生活利便施設等の入居が想定されている。

売主は北九州市住宅供給公社(同市小倉北区)を代表とする「折尾KK開発共同企業体」。JV参加企業は同公社の他、東宝住宅(北九州市小倉北区)、なかやしき(同)、九州三共(同)、辰巳開発(同市八幡西区)、岡部産業(同市小倉北区)、アースティック(同市八幡西区)、ブラックステューディオ(同市八幡東区)。

折尾クロステージの建設地(グーグルマップ)


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事