バニラエア、北九州空港に初飛来 訓練飛行実施

格安航空会社のバニラ・エア(成田市)が運航する機材が14日、北九州市小倉南区の北九州空港へ初飛来した。飛来したのは機体番号JA05VAのエアバスA320-214型機。同日から北九州空港で訓練飛行を開始し、当面の間、昼間時間帯に離発着等の訓練を実施する。

バニラ・エアはANAホールディングス(ANAHD、東京都港区、TYO:9202)完全子会社の格安航空会社で、平成23年8月31日に設立。設立時は全日本空輸(当時)とエアアジア(マレーシア・クアラルンプール、MYX:5099)との合弁だったが、25年に解消し、現社名となった。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事