プーチン大統領、出発遅れる 宇部空港への到着時刻は確認中

菅義偉内閣官房長官は15日午前の記者会見で、「ロシア側から大統領が搭乗している大統領専用機が予定より遅れて出発したとの連絡を受けている。到着予定時間等の詳細については確認中」と述べた。ウラジーミル・プーチン大統領が意図的に遅刻しているとの見方は否定した。

航空機レーダー追跡サイトの「Flightradar24」では、15日12時40分現在、ロシア政府専用機(イリューシン96-300型機、機体番号RA-96019)が米子市沖合付近を宇部市の宇部空港方面へ飛行する様子が確認できたが、関連は不明。

一方、安倍晋三首相は15日午前、岸田文雄外務大臣らとともに日本政府専用機で宇部空港に到着。車で日露首脳会談の会場となる長門市の旅館・大谷山荘へ移動している。


  • Flightradar24.com – Live flight tracker!
  • 追記:Flightradar24によると、機体番号RA-96019の前方に同じく専用機とみられるRA-73025(エアバスA319-115型機)が飛行中。エアバス機はモスクワからの飛行であることが確認でき、13時現在周南市付近を通過している。(平成28年12月15日13時5分)
  • 追記:2機とも13時30分ごろに宇部空港へ着陸した。(平成28年12月15日13時57分)
  • 追記:2機はロシア政府関係者や記者らを乗せて到着。大統領専用機は宇部空港へ飛行中。遅れは飛行中にある程度取り戻す可能性も。(平成28年12月15日14時9分)
  • 追記:Flightradar24によると、別のロシア政府専用機・機体番号RA-96017(イリューシン96-300型機)が小松市沖合を宇部空港方面へ飛行中。(平成28年12月15日14時17分)
  • 追記:Flightradar24によると、機体番号RA-96022(イリューシン96-300型機)が14時ごろ、機体番号RA-96021(同型機)が14時30分ごろ、いずれもババロフスク付近を通過し日本方面へ飛行。(平成28年12月15日14時34分)
  • 追記:SFJ機、JAL機が着陸し、宇部空港の駐機場(5スポット)が一時満杯に。RA-96019は14時54分ごろ、RA-73025は15時ごろ離陸。RA-96017は津山市南方で旋回し関西国際空港方面へ飛行。(平成28年12月15日15時01分)
  • 追記:Flightradar24によると、宇部空港を離陸したRA-96019とRA-73025は東京国際空港へまもなく着陸。RA-96022は鳥取市沖合、RA-96021は輪島市上空を宇部空港方面へ飛行中。(平成28年12月15日16時04分)
  • 追記:Flightradar24によると、RA-96022は防府市付近を通過し宇部空港へまもなく着陸。RA-96021は松江市付近を宇部空港方面へ飛行中。また、RA-96012がモスクワを出発、行き先は不明。(平成28年12月15日16時40分)
  • この記事の短縮URL: https://ubejournal.biz/12E
(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事