首脳会談でJR美祢線の一部列車運転取り止め 代行輸送なし

西日本旅客鉄道(JR西日本、大阪市北区、TYO:9021)は15日、長門市で開催される日露首脳会談に伴い、美祢線の一部列車の運転を取りやめる。対象は、美祢市の美祢駅から長門市の長門市駅までの区間。運転取り止めに伴うバス代行輸送は実施しない。

美祢線は会談場所の旅館・大谷山荘がある湯本温泉エリアを通過する。安倍晋三首相やロシアのウラジーミル・プーチン大統領の移動ルートになるとみられる国道316号線に近接する箇所もあり、警備上の理由で首脳の移動時を中心に運転を取りやめる。

運転取り止めとなる列車は判明次第、同社の「運行情報」に掲載する。15日11時30分現在では、長門市駅12時3分発・美祢駅12時39分着の列車と、美祢駅12時19分発・長門市駅12時54分着の列車、上下各1本ずつの運転取り止めが決定している。


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事