下関市に家電量販店「ケーズデンキ」出店へ 30年1月開店

ケーズホールディングス(ケーズHD、水戸市、TYO:8282)傘下のビッグ・エス(高松市)は、下関市に家電量販店「ケーズデンキ」の出店を計画している。計画地は同市長府才川二丁目の国道2号沿道、梅田商会本社敷地。開店時期は平成30年1月下旬を予定している。

計画店舗の建物配置図(ビッグ・エス)

計画店舗の建物配置図(ビッグ・エス)

大規模小売店舗出店計画書によると、計画店舗の名称は「(仮称)ケーズデンキ下関長府店」。敷地面積は1万635平米、建築面積は4761平米。店舗は鉄骨造平屋建、店舗面積3399平米。駐車場は平面自走式で、収容台数は従業員用4台を含む146台。営業時間は9時から21時。

ビッグ・エスは昭和21年創業。59年からマツヤデンキ(大阪市大正区)のフランチャイズ店舗を展開していたが、平成7年に提携解消。17年にケーズHD傘下入りし、現在は中四国地区で「ケーズデンキ」店舗を展開している。下関長府店の着工時期・集客予定・売上目標は未定。

(仮称)ケーズデンキ下関長府店の出店予定場所


(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事