スペースワールド、複合商業施設に転換へ アトラクション維持

今年12月末に閉園予定のテーマパーク「スペースワールド」(北九州市八幡東区)を、複合商業施設として再生する計画が具体化していることがわかった。財界九州社(福岡市中央区)が発行する総合情報誌『財界九州』の平成29年3月号(25日書店発売)が報じている。

同誌によると、これまで閉園後の活用策について複数案が検討されたが、イオン(千葉市美浜区、TYO:8267)系のアウトレットモールを核とした複合商業施設として再整備し、ジェットコースター等の一部アトラクションを残す方向で調整が進んでいるという。

イオングループでは、イオンモール(千葉市美浜区、TYO:8905)が越谷市の「イオンレイクタウン」にアウトレットモールを開設しているが、九州への展開は初。同社はスペースワールドの隣接地で「イオンモール八幡東」を運営しており、通路等で施設を一体化する可能性もある。

スペースワールドを巡っては、運営会社が昨年12月、29年末をもってテーマパーク施設を閉園すると発表。運営会社に出資する加森観光(札幌市中央区)は近年、ホテルやスキー場の売却を進めており、経営資源をルスツリゾート(虻田郡留寿都村)に集中する方針とみられる。

スペースワールドの運営会社は17年5月に民事再生法の適用を申請。同年7月から加森観光の出資を受け、経営再建を進めていた。土地所有者の新日鉄住金(東京都千代田区、TYO:5401)は賃借料を優遇するなどして固定費用の削減を支援し、21年度から運営会社は黒字だった。

運営会社と新日鉄住金との土地賃貸借契約の更新協議が不調に終わったとする一部報道もあるが、本拠地である北海道の事業に専念したい加森観光、JR駅や都市高速道路に隣接する交通利便性の高い土地を有効に活用したい新日鉄住金、それぞれの思惑もあったようだ。


  • 月別アーカイブ | 財界九州(『財界九州』は地元書店のほか、楽天ブックスやヨドバシドットコム等の大手オンライン書店でも購入できる)
  • 訂正:当初、記事中「『財界九州』の平成29年2月号」と記載していましたが、正しくは「『財界九州』の平成29年3月号」です。ご迷惑をお掛け致しましたことを、深くお詫び申し上げます。(平成29年2月24日16時36分)
  • この記事も短縮URL: https://ubejournal.biz/15F
(記事編集:

おすすめ記事(Google提供)

宇部ジャーナルの最新記事