行政カテゴリの記事一覧

「22日までに北九州市で大地震」はデマ 北九州市が気象庁の説明引用し注意喚起

海外のブログサイトが掲載した「北九州市でマグニチュード8.0を超える大地震が起こる」とする内容がインターネット上に流布され、問い合わせを受けた関係機関が注意喚起を行う事態に発展している。 問題のブログ…

北九州市、熊本地震被災者に賃貸住宅118戸無償提供 広域避難受け入れ

北九州市は15日から、平成28年熊本地震の被災者に対し、一時的な避難場所として北九州市営住宅、北九州市住宅供給公社賃貸住宅の提供を開始した。 提供予定の住戸は、市営住宅が88戸、北九州市住宅供給公社賃…

熊本地震、離れた地域でも余震に注意 北九州市は義援金募集開始

14日21時26分に発生し熊本地域で震度7を観測した「平成28年熊本地震」では、関門北九州地域周辺でも下関市とみやこ町で震度4、北九州市、宇部市、山陽小野田市など多くの観測地で震度3を観測した。 豊前…

下関港へのグローリー・シー初寄港延期 5月下旬に

下関市は11日、4月17日を予定していた客船「グローリー・シー」の下関港への初寄港について、船社と代理店から延期の連絡があったと発表した。 変更後の初寄港は5月下旬となる予定で、市は1週間前をめどに改…

地域高規格道路新北九州空港道路苅田工区の完成予想図(福岡県)

国土交通省、新北九州空港道路苅田工区を補助採択 交差点2箇所立体化

国土交通省が発表した平成28年度予算において、福岡県事業の地域高規格道路新北九州空港道路苅田工区が補助事業として採択されたことがわかった。 全体事業費は約37億円。2箇所の平面交差点を立体化し、北九州…

下関港にクルーズ船大量寄港 平成28年は前年5倍の50回以上見込む

下関市は7日、ダイヤモンドクルーズ社(中華人民共和国・上海)が4月から運航するクルーズ船「グローリー・オブ・ザ・シーズ」の寄港地として下関港が選定されたと発表した。 グローリー・オブ・ザ・シーズは総ト…

北九州学術研究都市機能強化事業 大和ハウス工業が複合商業施設建設へ

北九州市は25日、同市若松区で計画中の北九州学術研究都市機能強化事業について、事業予定者を大和ハウス工業(大阪市北区、TYO:1925)北九州支店に決定したと発表した。同事業は、市が所有する北九州学術…

政府機関の地方移転 宇部市、北九州市、下関市への移転具体的検討へ

内閣官房の「まち・ひと・しごと創生本部」は17日、第3回の政府関係機関移転に関する有識者会議で、これまでに道府県から募集した69の提案から、具体的に検討を進める22件を絞り込んだ。 関門地域関連の提案…

下関市、彦島迫町の港湾用地を一般競争入札で売却

下関市は、彦島迫町一丁目の港湾用地を一般競争入札で売却する。所在地は下関市彦島迫町一丁目2900番42、面積は1834平米、予定価格・最低入札価格は3117万8千円。市道迫・福浦線に接する。 敷地は都…

北九州市平成28年度予算要求 建築都市局(3)八幡西区関連 折尾地区整備推進

北九州市建築都市局の平成28年度予算要求のうち、八幡西区関連では、折尾地区総合整備事業に一般会計分として、折尾駅周辺連続立体交差事業・街路事業等で36億8940万円増の81億6400万円を要求。 折尾…