北九州港”タグのついた記事一覧

小川知事、下関北九州道路の早期実現・北九州空港機能強化等を要望

福岡県の小川洋知事は8月4日、中尾正幸県議会議長とともに中央省庁を訪問し、国の施策・制度・予算に対する提言・要望書を提出した。この中で、下関北九州道路の早期実現や北九州空港の機能強化、関門連系線の容量…

響灘地区バイオマス専焼火力発電所の優先交渉者選定 投資額約440億円

北九州市はこのほど、同市若松区の北九州港響灘地区で計画しているバイオマス専焼火力発電所設置・運営事業に関する企画提案公募を実施し、オリックス(東京都港区、TYO:8591)とMOT総合研究所(MOT総…

クルーズ船「にっぽん丸」 8月26日北九州港に寄港

北九州市港湾空港局は17日、8月26日に日本のクルーズ船「にっぽん丸」が北九州市門司区の北九州港門司港レトロ・西海岸地区(関門海峡ミュージアム前)に寄港すると発表した。12時入港、14時出港の予定で、…

北九州港航路集貨対策委員会、荷主企業向けに北九州港見学会を開催

北九州港航路集貨対策委員会は8月5日、北九州港振興協会と共催で荷主企業向けに「北九州港見学会」を開催する。見学会は2部構成で、第1部は北九州市小倉北区の北九州国際会議場で講演会、第2部は実際の港湾施設…

下関港に客船「レジェンド・オブ・ザ・シーズ」寄港 初の7万トン級

下関市は7日、ロイヤル・カリビアン・インターナショナル(米国・マイアミ)が運航する客船「レジェンド・オブ・ザ・シーズ」が7月8日、下関港に寄港すると発表した。7万トン級のクルーズ客船の寄港は関門両港(…

北九州港で複合一貫輸送の実証実験 海上輸送の課題検証

境港管理組合(境港市)は12月上旬、日本通運(東京都港区、TYO:9062)と提携し、北九州港を中継地とする船舶鉄道複合一貫輸送(シーアンドレール輸送)の実証実験を実施する。海上輸送のコストやリードタ…

新門司沖土砂処分場第二期の環境影響評価準備書・要約書が縦覧中

国土交通省九州地方整備局北九州港湾・空港整備事務所は14日、新門司沖土砂処分場(Ⅱ期)公有水面埋立事業の環境影響評価準備書・要約書の縦覧を開始した。期間は11月13日までで、この間、対象市町の北九州市…

ササキコーポレーション、新門司マリーナ運営に参画 日産マリーンから引き継ぎ

ササキコーポレーション(宇部市)は4月1日、日産自動車の子会社である日産マリーン(横浜市)から新門司マリーナの運営を引き継ぐ。新門司の運営に参画することで、同社の艇置契約数は約610隻となり、業界では…

下関北九州道路 住民・企業アンケートで「必要」7割

山口県は6日、下関北九州道路に関する経済影響調査の一環として実施した住民・企業アンケートの結果を取りまとめ、公表した。現況の交通網への不満の声は根強く、住民・企業とも新たなルートが「必要」との回答は約…