黒崎二丁目地区”タグのついた記事一覧

黒崎二丁目地区市街地再開発準備組合の解散経緯を検証する (4)脱退相次ぎ空中分解

大型土地所有者の脱退に伴い、組合は残る地区面積5500平米における計画の再検討を始めた。ふれあい通り側街区の1期工事と、規模を縮小した新天街側街区の2期工事に分けて、再開発ビルの整備を行う方向で一時は…

黒崎二丁目地区市街地再開発準備組合の解散経緯を検証する (3)市とコンサルの手順ミス

市は一時、準備組合の活動からも一歩引いていたが、再開発の機運自体が低下しかねないと判断し、24年度予算で引き続き推進計画作成事業費を計上。競争入札では組合が採用していたアプレイザルジャパンが落札し、活…

黒崎二丁目地区市街地再開発準備組合の解散経緯を検証する (2)北橋市長の提案と裏切り

準備組合は応援団案とは別の独自の案を作成するため、コンサルタント5社を選定。1カ月半かけ出来上がった提案書をもとに、プロポーザルを経てアプレイザルジャパン(福岡市中央区)を採用した。 組合は同社に基本…

黒崎二丁目地区市街地再開発準備組合の解散経緯を検証する (1)地区の概要と組合設立の経緯

北九州市建築都市局は5月25日、北九州市議会建築消防委員会で、黒崎二丁目地区市街地再開発準備組合が解散に至った経緯として「一部地権者の反対や、大口地権者の退会」など主に地権者側の対応を中心に報告した。…

井筒屋アネックス-1跡地の黒崎二丁目地区、整備計画再検討へ

北九州市八幡西区の井筒屋アネックス-1跡地を含む一帯で、市街地再開発事業の実施を検討していた黒崎二丁目地区市街地再開発準備組合が、5月23日の総会で解散を決議していたことがわかった。 北九州市建築都市…

井筒屋アネックス-1、12月末までに閉店 跡地は複合施設として再開発を検討

井筒屋(北九州市小倉北区、TYO:8260)は6日、北九州市八幡西区の黒崎地区にある店舗「井筒屋アネックス-1」について、12月末までを目処に閉店すると発表した。今後は黒崎駅前にある黒崎店に経営資源を…